「ゴルフの翼 NEXT AGE」服部道子プロに山下加衣さん、早川夏未さんが1日入門!

未来に羽ばたく若きゴルフアスリートが、トッププロゴルファーに一日入門し、

一流に必要な心・技・体を学ぶ「ゴルフの翼 NEXT AGE」。


9シリーズ目のトッププロは服部道子プロ。

1984年日本女子アマを当時最年少記録の15歳9ヶ月で優勝。翌年出場した全米女子アマでは当時最年少、日本人初優勝と、数々の輝かしい戦績をひっさげ1991年のプロテストをトップ通過。プロ入り後もそのキャリアは華々しく国内通算18勝。1998年には賞金女王を獲得など、まさに日本が誇る女子ゴルフ界のレジェンド。2020年には東京オリンピックの女子ゴルフコーチに就任し、稲見萌寧プロの銀メダル獲得を後押しするなど、その指導力にも定評があります。


今回、その服部道子プロに一日入門する二人の若きゴルファー、


まず一人目は三重県出身、現在22歳の山下加衣(やました かい)さん。11歳からゴルフを始め近畿地方の大会で経験と実績を積んできました。2021年に行われた2度のプロテストでは、いずれも最終まで進むものの惜しくも合格はならず。持ち前の飛距離を活かし次回のプロテスト合格へ向け必勝を期しています。



二人目の入門者は、埼玉県出身、現在19歳の早川夏未(はやかわ なつみ)さん。

10歳で初めてクラブを握ると早々に地元関東の小学生大会で頭角を表します。2018年にはファルドシリーズアジア日本大会で優勝するなど着実にその評価を上げてきました。

プロテスト合格まであと一歩と、これからの活躍に期待が寄せられている新鋭です。



千葉県市原市の立野クラシック・ゴルフ倶楽部で行われた“1日服部塾”。これまで雲の上の存在だった服部道子プロを前に緊張を隠せない様子の山下さんと早川さん。そんな二人に多くの質問を投げかけ緊張をほぐしながら優しく懐に飛び込んでいくことから始めた服部プロですが、選手個々の特徴をとらえたところで早々とラウンドレッスンに突入。

より実戦に即した練習を重んじる1日服部塾がスタートしました。

プロテスト、そしてその先のプロ人生で羽ばたくためのアドバイスの数々。

多くの経験で培われたその指導手腕は必見です。

ぜひご覧ください!


BS日テレ 毎週土曜 17:30~18:00放送


詳細はこちら


#ゴルフの翼NEXTAGE

#服部道子プロ

#山下加衣 さん

#早川夏未 さん

#立野クラシック・ゴルフ倶楽部