top of page

「ゴルフの翼 NEXT AGE」西川哲プロに植竹愛海さん、山口里緒さんが1日入門!

未来に羽ばたく若きゴルフアスリートが、トッププロゴルファーに一日入門。

心・技・体を学ぶ「ゴルフの翼 NEXT AGE」。


13シリーズ目のトッププロは、西川哲(にしかわ てつ)プロ。

12歳からゴルフを始め、日本体育大学荏原高等学校を卒業後、ゴルフ場で研修生をしながら、1年でプロテストをトップで合格(当時の最年少記録)。レギュラーツアーでは、1991年マルマンオープン、1993年デサントクラシック マンシングウェアカップ、1995年日経カップと3勝を挙げている。ティーチングプロの資格を取得し、ゴルフスタジオを主宰する傍ら、2018年にシニアデビューし、活躍の場を更に広げている。


その西川哲プロに、1日入門する二人の若きゴルファー。


まず1人目は、現在21歳で大学4年生の植竹愛海(うえたけ なるみ)さん。2014年関東ジュニア選手権優勝。2018年東京都ジュニア選手権2位。2歳年上の姉・希望プロはシード選手として活躍し、ツアー1勝を挙げている。目標と将来の夢は、今年のプロテストに合格し、レギュラーツアーで姉と優勝争いして勝つこと、賞金女王になること。



2人目は、現在22歳の山口里緒(やまぐち りお)さん。2015年から高知県代表として、和歌山国体・岩手国体・福井国体に3年連続に出場。2017年ステップアップツアー出場。2021年野萩カップ優勝。2021年マイナビネクストヒロインゴルフツアー第6戦2位。悲願のプロテスト合格を目指して、基本練習を日々コツコツ積み重ねている。



今回、“1日西川哲塾”の舞台となったのは千葉セントラルゴルフクラブ。

2人とも8月に実施されたプロテスト第1時予選<A地区>を5位タイで通過している実力通り、西川プロから技術的なお墨付きは得られましたが、合格を確実なものにするため、今の技術を維持しながら、より実践に則した簡単且つシンプルな技術指導が施されました。アマチュアにも参考になる要素が詰まった内容ですので必見です。またプロテストや試合に臨むに際しての精神的なアドバイスを、プロ自身の実体験をもとに披露され、合格を目指す2人にとっては勇気と自信が湧くレッスンとなりました。短時間で成長する2人の姿と白熱したラウンドレッスンを是非ご覧下さい。



BS日テレ 毎週土曜 17:30~18:00放送



Commentaires


bottom of page